mamatopia

子育てと、旅と、エコでゆるくオーガニックライフ in アメリカ

*

リアルスチュワーデス物語!?(古)フライトアテンダントになるまでの厳しいトレーニング

   

アメリカからこんにちは。旅するおかあさんNagisaです。

子育てをしながらフライトアテンダントをしています。

 

スポンサーリンク

 

どうやってフライトアテンダントになったの!?

これ、よく聞かれる質問なんですよね。

私の場合は、専門学校に行ったわけでも、

トレーニングコースを受けたわけでもなく

普通に日本の大卒(経済学科)なんです。

サービス業のバイトや仕事はたくさん経験があり、

英語も、まあ、そこそこ?話せます(笑)という程度。

 

今思えば、どうして合格したんだろうーーー!?笑

 

面接の時には、絶対受からないと思っていたので、

せっかく呼んでもらったし、楽しんで帰ろう〜と思っていたぐらい。

嬉しくて、とにかくニコニコしていたのが良かったのかもしれません(笑)

 

リアルスチュワーデス物語!?厳しいトレーニングが待っていた!

合格して、信じられない!!と喜んでいるのもつかの間、

トレーニングに呼ばれました。

家から離れて、6−7週間(うろ覚え)みっちりトレーニングです。

 

早朝からみっちりスケジュールされたトレーニング。

初めての業界。知らない用語(しかも英語)ばかり。

トレーニングのスピードも半端なく早い!!

ついて行くのに必死で、理解もできないまま1日が過ぎていきます。

 

とりあえずインストラクターが最初に言った

「テキスト○ページを開いてください」というページ数だけ

絶対に聞き逃さないようにメモして、クラスが終わってから

自習するという毎日が始まりました。

 

スポンサーリンク

 

どんなトレーニングをするの?

あまり詳細には書けないのですが・・・苦笑

緊急時の脱出訓練

いまだにたまーに夢に出てくるぐらい、繰り返し繰り返し練習します。

お客様の命を預かる職業ですから、当然といえば当然。

機内で緊急事態が起きた時の色々なケースを想定して、なんども練習します。

 

テストもたくさんあって、基準のスコアが取れないと、

そこでトレーニング終了、家に送り返されるので、みんな必死。

一番厳しく辛い訓練でした。

 

飛行機に関する訓練

飛行機の名前や型名、非常用設備の場所、ドアの数など

たくさんある機材について勉強します。

もともと飛行機が怖かったし、フライトも嫌いで、

ぜーーーんぜん興味なかったので(すみません)

この授業もまあまあきつかったなー。

同じ機材でも、微妙に内装や装備が違うものがあり、

記憶力との戦い・・・笑

 

空港コードや都市名

これも、アメリカ育ちでもなく在米歴が短めだった私には

割と拷問なトピックでした・・・笑

アメリカ国内だけでなく、世界の主要都市の名前と、

空港コード(羽田だったらHND、みたいなやつです)を

ひたすら覚える・・・。15年ぶりぐらいに、暗記カードを作りました(笑)

子供の頃に見た、「スチュワーデス物語」を思い出した・・・

(年齢がバレますね。アラフォーです)

 

堀ちえみ扮する主人公が、風間杜夫演じる教官に

めちゃくちゃしごかれながら、恋に落ちるが

教官にはお金持ちのお嬢様フィアンセ(片平なぎさ)が・・・

というストーリー(どうでもいい)

 

堀ちえみがですね、すごい落ちこぼれなんですよ。

確かシンガポールがどうのこうの、って都市名とかを

暗記するために、放送室みたいなところで夜中に自習中、

自分で語呂合わせを作って、

「森林が、火事だ・・・」と言いながら居眠りしたら、

マイクのスイッチが入ってしまい、火事が起きたと大騒ぎになる、

という回だけめっちゃ覚えてるんですよ、私・・・

ほんとどうでもいい情報(笑)

 

応急処置の訓練

CPR(心肺蘇生法)や基本的な救急ツールの使い方を習います。

AEDの使い方もみっちり特訓を受けます。

機内での急病人は、生命に関わることもあるので

とても大切な訓練の一つです。

ショッピングセンターやビルに入ると、

ついAEDの場所を確認してしまうのは、職業病かもしれません。

 

 

こう言ったトレーニングが、朝から晩までびっしり詰まっていて

テストも毎日のようにあり、スコアが悪いと家に送り返されて

トレーニング終了・・・という過酷な日々でした。

毎日生きた心地もしない!笑

 

でもクラスメイトに恵まれて、

トレーナーもみんな面白い人たちで、

辛いながらも楽しく充実したトレーニングでした。

 

またトレーニングに戻りたいかと言われたら・・・

絶対に嫌!!!!無理!!!!!

ですけどね(笑)

 

華やかなイメージがある職業かもしれませんが、

フライトアテンダントとして勤務するには

このような厳しい訓練を乗り越えて行かなくてはならないんですよ。

お客様の安全を守るのが、私たちの一番の仕事です!(キリッ)

 

それでは、また! Have a nice day!

スポンサーリンク

 - アメリカ暮らし, フライトアテンダント生活