mamatopia

子育てと、旅と、エコでゆるくオーガニックライフ in アメリカ

*

フライトアテンダントの暮らしぶり

      2018/11/30

アメリカからこんにちは。旅するおかあさんNagisaです。

子育てをしながらフライトアテンダントをしています。

 

スポンサーリンク

 

フライトアテンダントの生活

フライトアテンダントの仕事は、とーーーーっても不規則です。

多分この世にある職業の中でも、割と上位で不規則です(笑)

 

うちの会社では、だいたい勤務日数は月に12日〜18日。(少ないときは8日ぐらい)

これは自分のスケジュールの組み方次第&調整次第でなんとかなったり、ならなかったり(笑)

オフィスで働いていた時よりは、10000倍くらいフレキシブルな暮らしをしています。(ありがたや〜)

 

まあそこだけ見ると、月の半分以上は休みで、楽だよね〜となりますよね(笑)

 

ま、楽なんです。暇な時期は。

 

ただ、繁忙期の夏やホリデーシーズンとなると、話は別。

月18−20日働くと、まあまあボロボロになってきます(笑)

 

月の半分が休みとは言え、仕事の時は完全に家を留守にすることが多いのです。

例えば、3日間仕事、2日休み、また3日間仕事、そして4日間休み・・・というシフトになったとします。

【ある夏の日々】

Day1 朝3時半に起きて空港へ。フライトを2本。ホテル泊。(時間と体力があれば、外出したり、ジムにいったり)

Day2 また朝4時に起き、フライトを4本。ホテル泊。(同上)

Day3 ゆっくり寝れて、フライト2本。家に着くと夜中。

休みDay1 疲れで昼までゴロゴロ。洗濯。息子と公園へ。昼寝。おわり(笑)

休みDay2 仕事の準備。息子と公園へ。昼寝。荷造り。

仕事3日間、上記とほぼ同じ・・・以下繰り返す・・・

 

こうやって書いてみると、ただダラダラしているだけに思えてきました(笑)

 

いやいやいや結構肉体労働なので、疲れるんですよ!!(年か!?)

 

華やかなイメージがある職業ですが、割と体力勝負な仕事です。

スポンサーリンク

 

子育てとの両立

仕事で丸三日とか家を留守にする時、子供はどうしてるのー!?とよく聞かれます。

子供が1歳手前まで産休育休が取れたので、それまでは家で。

仕事復帰してからは、デイケアに預けて、夫が夜面倒を見てくれていたのですが

ある日夫の両親が、近くに引っ越してくることになり

仕事の時はそちらにお泊まりしてもらっています。ありがたすぎる!!!

子供も、グランマグランパ大好きで、むしろそっちに泊りたがる・・・

ちょっと複雑な気分になったりならなかったりw

 

こんな特殊な仕事ですが、楽しく続けさせてもらっているのは家族のサポートがあるからです。

 

いつもありがとう♡

 

 

それでは、また! Have a nice day!

 

スポンサーリンク

 - アメリカ暮らし, フライトアテンダント生活