mamatopia

子育てと、旅と、エコでゆるくオーガニックライフ in アメリカ

*

【家活Day23】今夜はガンボ

   

アメリカからこんにちは。空飛ぶおかあさんNagisaです。

子育てをしながらフライトアテンダントをしています。(ただいまほぼ開店休業中)

 

スポンサーリンク

 

我が家の夕飯は南部料理のガンボ(2日目)

私はカレーとか豚汁とか、何日連続でも大丈夫なタイプだけど、夫はまたー?となるタイプ。ただし、ガンボは数日続いてもいいらしいです。カレーと一緒で、2日目の方が美味しいんです。

 

そんな夫大好きガンボ。日本では馴染みがない料理ですね。ニューオーリンズなどで食べられているクレオール、ケイジャン料理のシチューやスープのことです。本場ではザリガニやエビなどが入ったもの、ソーセージやチキンが入ったものがありますが、どのガンボにも共通するのが、オクラ。

 

日本でもおなじみの野菜のオクラ。私は日本の野菜だと思っていたら、なんとアメリカ南部でもガンボやフライドオクラとして食べられているんです。ちなみに英語でも「Okra(オクラ)」です 笑

 

スポンサーリンク

 

ニューオーリンズのソウルフード、ガンボはいろんなレシピがありますが、私流の簡単なレシピをご紹介。

【かんたんガンボ】
材料:
・玉ねぎ 1〜2個
・にんにく 1〜2かけ
・人参 1〜2本
・ピーマンやパプリカ 大1〜2個
・オクラ(冷凍で刻んであるものでも良い) どっさり
・セロリ  2〜3本
・生のトマトかトマト缶
・鶏肉、ソーセージ、チョリソー、エビなど
・お米 半カップぐらい
・ケイジャンスパイス(ガーリック、オニオン、オレガノ、パプリカなどが入っています)
・パプリカ、チリパウダー
・カイエンペッパー(辛いものが好きな人のみ)

 

作り方:
①野菜は1センチ強ぐらいにざくざく切っておく。肉類も食べやすい大きさに切る。
②肉類を軽く炒める。(エビを入れる場合は最後に)
③野菜と塩適量を入れて、軽く汗をかくぐらいまで炒める。
④トマトを加えて軽く炒め、水とお米、スパイスを入れる。あればローリエも入れると美味しい。
⑤お米が溶けてとろみが出るまで煮込む。(私はスロークッカーを夜にかけて、朝まで煮込みます)
⑥ご飯と一緒に食べても美味しいです。(写真は玄米を真ん中に)

バターと小麦粉で作るルーを入れたり、片栗粉でコクととろみを出すレシピもありますが、私はオクラたっぷりとお米でとろみにしています。カロリーオフもできるし、さっぱりでもコクがあっておいしいです。我が家は夫がエビアレルギーなので、まず鶏肉とソーセージのみ、スパイス少なめで作り、2/3量をお鍋に移してカイエンペッパーやハバネロで辛くして(大人用)、さらに少量取り分けて自分用にエビを足しています(笑)今回は忘れていたけど、オクラを1/3ぐらい取っておいて、食べる少し前に入れると食感が残って美味しいですよ。炒めてからお水を入れて煮込むレシピを紹介しましたが、スロークッカーに材料を全部入れて煮込んでも美味しくできます。簡単なので是非お試しください!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 - ゆるナチュライフ, アメリカ暮らし, コロナ家活記録, レシピ, 家事