mamatopia

子育てと、旅と、エコでゆるくオーガニックライフ in アメリカ

*

【家活Day29】日本語プレイグループでの一コマ

   

アメリカからこんにちは。空飛ぶおかあさんNagisaです。

子育てをしながらフライトアテンダントをしています。(ただいまほぼ開店休業中)

スポンサーリンク

 

今日は日本語のオンラインプレイグループに参加しました。ホストをしてくれたお母さんも、他に参加していた親子もたまたまフードセラピーつながりで仲良くなった仲間たちでした。3歳〜5歳の子供たち5人と、ホストのアシスタントさんをしてくれた9歳のお兄ちゃん(頼もしかった〜!)と一緒に楽しく遊びました。

 

遊びの内容は、歌遊び、手遊び、クイズ、絵本の時間など盛り沢山な30分。4歳の息子も、画面の向こうにいるお友達と会えて嬉しそう!私も久しぶりにみんなの元気な顔が見られてうれしかったです。

スポンサーリンク

 

そんなプレイグループ中に、すごくびっくりしたことが。

 

何のコーナーだったかは忘れたのですが、うちの息子が、勢いよく手を上げて、発言する番に。普段だったら、「〇〇(名前)、わかった!!」という感じにファーストネームをいうのですが、突然「ぼく、ぼく!!わかった!!」と。

 

英語の方が得意なので、一人称は英語の「 I (アイ)」か、ファーストネームで言っていたのに、どこで覚えたのか急に「ぼく」といった息子。私はびっくりしすぎてちょっと記憶が飛びました(笑)

 

ここ最近、プリスクールで習う単語などが難しくて、ついつい会話も英語でしてしまいがちでした。土曜日に通うはずの補習校も自宅学習になり、ますます日本語に触れる機会が少なくなって、ちょっと心配もしていたところ。思わぬ息子の成長に本当に驚くとともに、嬉しく頼もしく感じました。DVDなどで日本語に触れる機会もあるので、そこで聞いていたのがとっさに出たのかなあ。言語の習得って本当におもしろいものだなあと思いました。

 

スポンサーリンク

 - アメリカ暮らし, コロナ家活記録, 子育て