mamatopia

子育てと、旅と、エコでゆるくオーガニックライフ in アメリカ

*

【家活Day38】懐かしい仲間とオンライン飲み会

   

アメリカからこんにちは。空飛ぶおかあさんNagisaです。

子育てをしながらフライトアテンダントをしています。(本日よりしばらく休業)

今日から正式に仕事を休むことになりました。7月末まで羽を休めます。また飛べる日を楽しみに、英気を養いアイデアを育てる期間にしたいと思っています。

 

スポンサーリンク

 

今日は朝からzoomを使ってオンライン飲み会をしました。新卒の時に東京で一緒に働いていた同期と久しぶりの再会です。飲み会と言っても私は朝だったので、コーヒーとコンブチャで。(飲みたかった!!)

2001年、春。地元の大学を卒業して、東京で就職しました。

ドキドキの初めての一人暮らし。祖母と母が東京まで来て引越しを手伝ってくれました。二人を駅で見送った後、急に不安になって、「なんだか大変なことをしてしまったんじゃないか、もう後戻りできない」って猛烈に不安になって、涙が止まらなかったのを覚えています。大好きなコブクロの「YELL〜エール〜」を聴いて、何度も何度も家族のことを思い出して泣きました。楽しみにしていた一人暮らしだけど、家族から離れるってこんなに辛くて寂しかったんだと身を以て感じた瞬間でした。


コブクロはちょうどわたしが上京する年に、関西のローカルニュースで「大阪の路上アーティストがデビュー!全国へ」って感じで取り上げられていたんだよなあ・・・

 

まあまあ都会育ちだと思っていたけれど、東京はやはり桁違い。スピード感が圧倒的に違う街、新しい環境、標準語(笑)、新鮮でありこわくもある新しい生活の中で、同期の存在はとても大きかったです。

最初の数ヶ月は、本社で全員の研修。ビジネスマナーに始まり、コンピューターの基礎やプログラミングの基礎をみっちりと習いました。最初から意気投合して、毎週金曜日はオールで飲み→カラオケしてたっけ。若いなー笑 会社の社員寮のアパートに住んでいたので、寮生と鍋したりするのも楽しかったなあー。今思うと、隣に友達住んでるって最高じゃない!?笑

スポンサーリンク

夏には奥多摩でバーベキュー。服のまま川へダイブ(笑)。ことあるごとに集まっては飲み会(からのオールでカラオケw)。仕事があまりに激務で、残業月100時間なんて普通な業界で、なんとかやっていけたのは(いや、実際にはプチ鬱発症して全然使い物にならない社員だったんだけれども笑)同期の存在のおかげと言っても過言じゃないな。仕事なんか全然できなくて、かなり腐ってた時期wだけど、同期と同僚にはめちゃくちゃ恵まれていた東京時代だったなー。

 

私はたった3年で会社を辞めてしまったけれど、その後もたびたび同期会で集まっていた仲間。今回外出できない、里帰りもできない中で、やっぱり会いたいなって思うみんなに、オンライン飲み会しようよ!って声をかけてみたんです。

みんなそれぞれの近況を報告したり、懐かしい思い出に花が咲き、あっという間に3時間ぐらいたってたかな?Zoom無料会員だから、40分ごとにちょこちょこ繋ぎ直して笑 本当に楽しく懐かしいひとときでした。

来年は20周年だから、みんなで集まって同期会しようね、って話にもなって、またワクワクが止まりません!同期オンライン飲み会も定期的に開催しようと思います。

 

あー仲間って、いいね。

 

スポンサーリンク

 - アメリカ暮らし, コロナ家活記録