mamatopia

子育てと、旅と、エコでゆるくオーガニックライフ in アメリカ

*

現役フライトアテンダントからのお願い。シートベルトをお締めください!!

   

アメリカからこんにちは。旅するおかあさんNagisaです。

子育てをしながらフライトアテンダントをしています。

 

スポンサーリンク

 

年末年始、旅行に出かける方もたくさんいると思います。

今日は、飛行機で旅する方にぜひ読んでもらいたい、シートベルトの話。

説教くさい〜とか言わずに、ちょっと読んでみてください(笑)

 

機内でシートベルトを締めるのはいつ?

Taxi(地上走行中)

まず、一番最初に飛行機内でシートベルトを締めなくてはいけないのは

「Taxi」と呼ばれるフェーズです。

タクシー???

↑このタクシーではありません

 

Taxiとは、ゲートから滑走路まで(またはその逆)、牽引機や飛行機自体の動力によって地上を進むこと。

搭乗が終わって、飛行機のドアが閉まった瞬間から、

乗客は着席をしてシートベルトを締めなくてはいけません。

座ってシートベルトをしてくれないと、飛行機は1ミリたりとも動けないんです!

(と言うか動いてはいけない決まり。FAAと言う連邦航空局の規定でしっかり定められています)

 

Take Off(離陸)

言わずもかな、滑走路に入って離陸する時には必ずシートベルト着用です!

 

Cruise(飛行中)

離陸後、巡航高度に達して、安全な場合は機長がシートベルト着用サインを消します。

途中気流の悪いところを通るときは、またシートベルト着用サインが点灯します。

その場合は、速やかに席に戻ってシートベルトを締めてください。

どうしてかって?

 

 

危ないからですよ!!笑

 

 

電車みたいに、ちょっと揺れてるだけだから大丈夫〜

トイレ行きたいし〜(わかります!!トイレは待ってくれない!!)

大丈夫、これぐらいだったら〜

 

って、みなさんシートベルトサインをがっつり無視するんですが・・・

 

これって本当に本当に危ないんです!!!!

 

シートベルトサインが付いていても、全然揺れない時もあります。

これぐらいなら歩いて大丈夫〜って言うくらいの揺れの事も、もちろんあります。

でも、シートベルトサイン点灯=気流が不安定だったり、悪いところを通る可能性が高い、と言う事なんですね。

サインがついた直後は全然揺れてなくて、数分して、どーん!と高度が下がるような事も珍しくないんです。

 

私たちフライトアテンダントは、ある程度の揺れまではサービスを続行したり、機内を歩きますが

サインが点灯しているときは、普段よりかなり気をつけて作業をしています。

 

スポンサーリンク

 

Landing(着陸)

シートベルトサインは、着陸後ゲートに着くまで点灯しているのですが

意外に立ち上がってお手洗いに行く人が多いのが、着陸直後、地上を走っている時です。

 

もう着陸したから大丈夫でしょ??地上だし??と言われるのですが

飛行機の着陸後の走行スピード、ご存知ですか??

 

着陸直後だと、時速200−300キロ、

ゆっくり走っているように見えるゲート直前でも、

時速40キロは軽く出ているんです!

 

もしシートベルトを外していたり、機内を歩いていたりして

急ブレーキがかかったらどうなるでしょう・・・!?

 

実際、着陸後走行中に歩き出したお客様が、途中でバランスを崩してこけて

おでこがぱっくり切れて大変だったことがあります・・・。

もうすぐでゲートだったのに、応急処置のために一旦飛行機を止め、

さらに救急隊員の到着を待って・・・。

他のお客様は降りる事が出来ず、乗り継ぎ便に間に合わなくなる方も。

 

 

現役FAからのお願い。シートベルト締めてください!!!

脅すわけではないのですが、毎年フライトアテンダントでさえ、

急激な揺れで転倒して、大怪我をする人がいるんです。

 

今年は、私の仕事仲間が、シートベルトサインがついていない時の

急激な揺れに巻き込まれて、背中を骨折、まだ仕事に復帰できていません・・・。

これはレアなケースなのですが、非常に強い揺れだったため、

彼女は天井まで吹き飛ばされて、腰と背中を強打したそうです。

(ただし、こういったひどい揺れと、飛行の安全性には関連がないことが多く、

めちゃくちゃ揺れるから、飛行機が落ちる〜!と言うことはほぼないのでご安心を。)

なので、お客様には、席についている時には、サイン点灯の有無にかかわらず

シートベルトを締めておいていただきたい・・・。

これは、お客様自身、そして周りの方の安全にも関わるのです。

 

ちょっと面倒かもしれないし、ベルト閉めたら苦しいなーと思われるかもしれませんが

ぜひ次回のご旅行の際には、心に留めておいてもらえたらなーと思います。

 

それでは、また! Have a nice day!

 

スポンサーリンク

 - フライトアテンダント生活, フライト裏話